Be Loved

アクセスカウンタ

zoom RSS アングロサクソンとラテン系、朝食の違い

<<   作成日時 : 2010/11/05 09:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴルフ場に向かう途中、バーガーキングで手早く朝食。
ハワイ滞在中の朝食はリリハに行くとき以外は、
コンドの部屋でシリアルなどで済ますことが多いので、
朝食を外で…というのは久しぶり。

以前何かで読んだのだが、
イギリスなどのアングロサクソン系は、
朝食に『しょっぱいもの』を、
そしてフランスやイタリアなどのラテン系は、
『甘いもの』を好むんだとか。

我々夫婦はその辺のDNAがキッチリ分かれており、
アングロサクソンな私は、
薄べったいソーセージがはさんであるビスケットサンドを、

画像



完全なるラテン系DNA保持者のダーは、
甘〜いお砂糖のフロスティングをディップして食べる
細いスティック状に揚げてある揚げパン的なものをチョイス。

画像




どちらも、熱々のコーヒーと合うなー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アングロサクソンとラテン系、朝食の違い Be Loved/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる